ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉保健課 > 介護保険制度の手続き

本文

介護保険制度の手続き

介護保険からサービスを受けるためには、寢たきりや癡呆などサービスを受けられる狀態かどうかの認定(要介護認定)を受けることが必要です。市町村(綾町健康センター)に申請すると、原則として30日內に結果が通知されます。
要介護認定では、寢たきりや認知癥など介護が必要な狀態かどうかだけではなく、介護の手のかかり具合(要介護度)も判定します。要介護度により、在宅サービスを受けられる額や施設に入った場合のサービス額が異なります。

全國的に公平な認定ができるように工夫しています。

詳細

介護サービスの利用のしかた

1 要介護認定の申請

  • 介護サービスを利用するためには「要介護認定」の申請をすることが必要です
  • 市區町村(綾町健康センター)の窓口で申請手続きをします
  • 本人?家族が申請するか、事業所などに申請を代行してもらうこともできます

2 要介護認定

  • 心身の狀況について、本人や家族から聞き取り調査を行います
  • 本人の主治醫に意見書を作成してもらいます
  • 認定調査の結果と醫師の意見書をもとに審査され、介護を必要とする度合いが判定されます

3 認定結果の通知

  • 申請から30日以內に、認定結果が通知されます
要介護狀態區分
  • 介護保険の対象とならない「非該當」
  • 予防的な対策が必要な「要支援1?2」
  • 介護が必要な「要介護1~5」

4 介護サービス計畫を作る

  • 要介護1~5と認定された人は、在宅?施設サービスのどちらかを選択し、在宅の場合は居宅
    介護支援事業所のケアマネージャーに依頼して、利用するサービスを決め、介護サービス計畫(ケアプラン)を作成してもらいます
  • 要支援1?2と認定された人は、地域包括支援センターで介護予防サービス計畫(介護予防ケアプラン)を作成します

5 サービスを利用する

  • サービス事業者に保険証を提示して、ケアプランにもとづいたサービスを利用します
  • サービスの利用者負擔は、原則としてかかった費用の1割です

久久影院-国产久久亚洲美女久久